岸和田のフリー雀荘の負け方だ!

平均すれば5000点です。
A 4000 リーチ
局の最後までやらずに、また配牌から検討を開始します。

まず、ダブ東はできるだけ先切りましょう。

西家。

『オリ打ちは愚かなこと』
いやー長かった。

最終ラウンド、立って終わりのゴングを聞けば僅差でポイントは私が上だ。

ptは600ほど減りましたが無問題。

どうしても 多少 乾燥気味に なります
これからはため、がんばりたいと思います!
柳のごとく

数牌だけで揃えれば、ジュンチャンになりますし。

まあ、方々が、ドラ単騎リーチを選択しています。

牌効率
今すぐ、楽しめるので、ぜひチェックしてみてください。

ブログを更新する気力が湧いてきました。

又今年も宜しくお願いします!

実在の全自動麻雀卓「AMOSULTIMA」がモデルの本格派となっていますよ。

お店は、大阪駅のそば(ロッテリア・東急ハンズ・サンシャインシティの
近く)なので、便はかなり良いです。

・・・ε=ε=ε=ヾ(~▽~)ノ ハーイ
いままで麻雀書でも明確にされなかった~攻守の分岐点~
オーラスでなければ脇から出る可能性もあるが降りる人がいない場面では意味がない。

一昨年は130ぐらい勝ったはずだけど
高値から入って均等にナンピンしていっても一生助からない可能性もある。

スルーか、あるいは鳴いてテンパイ、もしくは鳴いて打七mの三択です。

麻雀部説明会、ということで録画いたしました。

途中には 巣鴨地蔵通り商店街 なんかもあります

おすすめ記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中